特区推進課(事業一覧ページ)

サブメニューを飛ばして本文へ



ここから本文です。


特区推進課の取組み


3つの特区制度について

大阪府の特区に関する取り組みについて

大阪府では、国の3つの特区制度(国家戦略特区、総合特区、構造改革特区)の活用を推進しています。

各特区制度の活用状況について

国家戦略特区制度について

「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)に基づき、経済社会の構造改革を重点的に推進することにより、産業の国際競争力を強化するとともに、国際的な経済活動の拠点の形成を促進する観点から、規制改革等の施策を総合的かつ集中的に推進する制度です。大阪府は、大阪府内全域が国家戦略特別区域として指定されています。

総合特区制度について

新成長戦略」(平成22年6月18日閣議決定)に基づき、規制の特例措置や税制・財政・金融上の支援措置等をパッケージ化して実施する制度です。大阪府は、国際戦略総合特区では関西イノベーション国際戦略総合特区が、地域活性化総合特区では国際医療交流の拠点づくり「りんくうタウン・泉佐野市域」地域活性化総合特区がそれぞれ指定されています。

構造改革特区制度について

「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2002」(平成14年6月25日閣議決定)に基づき、地方公共団体や民間事業者等の自発的な立案により、地域の特性に応じた規制の特例を導入する特定の区域を設け、当該地域での構造改革を進める制度です。府内においても、様々な分野で構造改革特区の認定を受けています。

その他

特別顧問等からの意見聴取について

大阪府市規制改革会議について

大阪府と大阪市は、大阪府市規制改革会議を設置するなど、大阪の成長戦略や行政改革のために必要な規制の見直し、行政サービスの改善策について検討しました。(大阪府市規制改革会議は、最終提言の取りまとめが終了したことから、平成25年度末をもって廃止となりました。)

大阪府市規制改革会議提言への対応状況は、こちら




ホーム > スマートシティ戦略部 > 特区推進課(事業一覧ページ)

ここまで本文です。