令和4年度当初予算(部長後調整要求) 運営費

管理事業名 :狭山池博物館管理運営事業 予算要求課 河川室
事業名 :運営費(20121277) 予算計上課 河川室
款名・項名・目名 :都市整備費 河川費 河川砂防費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 狭山池の「平成の大改修」に伴う埋蔵文化財調査で発掘                            1.狭山池博物館運営事業費                                      
 された土木遺産を保存、展示し、後世にわかりやすく親                            【事業内容】博物館に展示してある土木遺構等の品質保                          
 しみやすく紹介し、府民の文化的向上を図る。                                      持及びその点検のために必要な管理設備の                          
根拠法令                                                        更新を行う。                                       
 河川法 大阪府立狭山池博物館条例                                     【活動指標】                                             
  重要文化財等の展示による府民への知的サービスと生                          
 涯学習や学校教育の場への推進                                     
                                                    
 【成果指標】                                             
  土木遺産の保存・展示による府民の文化的向上                             
                                                    
 来館者数                                               
   R 2年度:約 8.1万人(実績)                                
   R 3年度:約 8.1万人(見込)                                
   R 4年度:約10.0万人(目標)                                
                                                    
 【部長後調整要求理由】                                        
 ・非常勤職員にかかる報酬単価等の変更に伴う減額。                           

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 93,243 0 0 10,219 83,024
要求額 90,510 0 0 10,205 80,305
内示額 90,510 0 0 10,205 80,305
調整要求額(部長後) ▲17 0 0 0 ▲17
査定額 ▲17 0 0 0 ▲17

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

都市整備使用料 河川使用料 狭山池博物館管理運営事業使用料 0 0
物品売払収入 都市整備費物品売払収入 狭山池博物館管理運営事業物品売払代金 0 0
都市整備費負担金 河川費負担金 狭山池博物館管理運営事業負担金 0 0
雑入 都市整備費雑入 狭山池博物館管理運営事業雑入 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 狭山池博物館運営事業費                 ▲17 千円 要求どおり                         ▲17 千円
 (1) 狭山池博物館に係る経費              ▲17 千円                               ▲17 千円

明細 狭山池博物館運営事業費 狭山池博物館に係る経費(20121277-00010002)



ここまで本文です。