ホーム > 予算編成過程公表トップ > 令和3年度補正予算(一般会計第7号)等部長後調整 > 一般会計  > 大阪府営業時間短縮等協力金支給事業費(協力金推進室分)

令和3年度補正(7号)(部長後調整要求) 大阪府営業時間短縮等協力金支給事業費(協力金推進室分)

管理事業名 :商工振興総務企画事業 予算要求課 協力金推進室
事業名 :大阪府営業時間短縮等協力金支給事業費(協力金推進室分)(20210321) 予算計上課 協力金推進室
款名・項名・目名 :商工労働費 商工業費 商工業振興費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、大                            (営業時間短縮協力金)                                        
 阪府が指定する区域に対し、営業時間短縮等の要請を実                            ○次の全ての要件を満たす事業者に協力金を支給する。                          
 施するとともに、協力した事業者に対し協力金を支給す                            ・大阪府域に飲食店・遊興施設・結婚式場(食品衛生法                          
 るもの。                                                  上の飲食店営業許可を受けている店舗)を有すること                          
 ・酒類提供又はカラオケ設備を提供しない施設の場合、                          
  20時を超えて営業を行っていた店舗が、20時まで                          
  に営業時間を短縮又は休業していること                                
 ・酒類提供又はカラオケ設備を提供する施設の場合、施                          
  設を休業していること                                        
 ・営業に関する必要な許認可等を取得していること                            
                                                    
 (大規模施設等協力金)                                        
 〇新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、人                          
  流抑制を図る観点から、大阪府内において新型インフ                          
  ルエンザ等対策特別措置法第24条第9項の営業時間の                         
  短縮要請に応じた事業者等を対象として、大規模施設                          
  等に対する協力金を支給する。                                    
 ・大規模施設                                             
  特措法第24条第9項に基づく営業時間の短縮要請を                          
  行った1,000平米超の施設に対し、協力金を支給す                         
  る。                                                
  また、協力金の支給対象となるテナント事業者等が                           
  10店舗以上存在する大規模施設に対し、テナント事                          
  業者等の管理把握に係る追加支給分を支給する。                            
                                                    
 ・テナント事業者等                                          
  大規模施設、または営業時間の短縮要請を行った施設                          
  の一部を貸借することにより、当該施設に来場した一                          
  般消費者を対象に飲食業以外の事業を営む事業者等に                          
  対し、協力金を支給する。                                      
                                                    
 (期間)                                               
 ○これまでの感染拡大の状況を踏まえ、今後変化する感                          
  染状況に応じて柔軟に対応するため、所要額を計上                           

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

現計予算額 225,366,800 218,097,734 0 0 7,269,066
補正額 0 0 0 0 0
内示額 0 0 0 0 0
調整要求額(部長後) 187,450,743 185,576,235 0 0 1,874,508
査定額 187,450,743 185,576,235 0 0 1,874,508

特定財源の積算根拠

項目

現計予算額

補正要求

査定額

商工労働費国庫補助金 商工業費補助金 商工振興総務企画事業補助金 218,097,734 185,576,235 185,576,235

要求額の内訳

査定額の内訳

1 営業時間短縮協力金支給事業(大阪府域         
   緊急事態宣言)                   
181,536,000千円 要求どおり                        
                             
181,536,000千円
 (1) 営業時間短縮協力金支給事業(大阪        
    府域 緊急事態宣言)        
181,536,000千円                              
                             
181,536,000千円
2 大規模施設等協力金支給事業(大阪府域         
   緊急事態宣言)                   
5,914,743千円 要求どおり                        
                             
5,914,743千円
 (1) 大規模施設等協力金支給事業(大阪        
    府域 緊急事態宣言)        
5,914,743千円                              
                             
5,914,743千円

明細 営業時間短縮協力金支給事業(大阪府域 緊急事態宣言) 営業時間短縮協力金支給事業(大阪府域 緊急事態宣言)(20210321-05440910)

明細 大規模施設等協力金支給事業(大阪府域 緊急事態宣言) 大規模施設等協力金支給事業(大阪府域 緊急事態宣言)(20210321-05450911)



ここまで本文です。