ホーム > 予算編成過程公表トップ > 令和元年度当初予算通常(政策的経費) > 一般会計  > 地域医療介護総合確保基金事業費(精神保健対策事業)

平成31年度当初予算(政策的経費) 地域医療介護総合確保基金事業費(精神保健対策事業)

管理事業名 :精神保健対策事業 予算要求課 地域保健課
事業名 :地域医療介護総合確保基金事業費(精神保健対策事業)(20150642) 予算計上課 保健医療室
款名・項名・目名 :健康医療費 公衆衛生費 精神衛生費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  地域医療介護総合確保基金を活用し、精神保健対策に                            1 一般救急病院への精神科コンサル体制や身体科処置                          
 関する次の取組みを実施することで、精神保健対策事業                            後の患者の精神科での受入体制等を整備                                 
 の総合的かつ効果的な実施及び推進を図る。                                 【活動指標】精神疾患患者の受入れ・病状急変への対応                          
開始終了年度                                                【成果目標】夜間・休日における精神疾患患者への円滑                          
 平成26年度〜                                                    な支援体制の構築                                     
根拠法令                                                  【自己評価】精神疾患患者に対する夜間・休日の救急医                          
 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第19条の11                           療体制において、本システムは、切れ目のない体制の確                          
 アルコール健康障害対策基本法第18条ほか                                 保と、身体科医療機関と精神科医療機関間における合併                          
 症患者の円滑な受け入れに寄与している。                                
 【事業終了年度】平成31年度も継続実施するが、実績等                         
 を踏まえて事業評価を行い、次年度以降の事業のあり方                          
 を検討する。                                             
 2 「アルコール健康障がいに関する早期治療介入」に                          
 ついての動画教材を作成し、かかりつけ医に「アルコー                          
 ル健康障がい」についての正しい理解と治療介入を促す                          
 。                                                  
 【活動指標】かかりつけ医が動画教材を視聴し、治療                           
       や患者指導に活用する。                                  
 【成果目標】動画を視聴する医療従事者数:1,000人                         
       (平成35年度末時点)                                  
 【事業終了年度】平成31年度                                     
 3 てんかん治療を行う医療機関同士の連携を図り、て                          
 んかん患者に対し、その病態に応じた必要な医療を提供                          
 する。                                                
 【活動指標】症例検討会実施回数 8回                                 
       協議の場の開催回数 4回                                 
 【成果目標】地域における一般医とてんかん専門医                            
       との連携体制構築                                     
 【事業終了年度】平成33年度                                     

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 57,891 0 0 57,891 0
要求額 62,326 0 0 62,326 0
査定額 59,367 0 0 59,367 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

地域医療介護総合確保基金繰入金 地域医療介護総合確保基金繰入金 精神保健対策事業基金繰入金 62,326 59,367

要求額の内訳

査定額の内訳

1 大阪府精神科救急医療体制強化事業           
。。
59,367千円 要求どおり                        
〇本基金の範囲内で執行のこと。              
59,367千円
 (1) 一般救急病院への精神科コンサル事        
    業等        
59,367千円                              
                             
59,367千円
2 アルコール健康障がい早期治療介入促進         
  事業                         
1,518千円 ゼロ査定                         
                             
0千円
 (1) アルコール健康障がい早期治療介入        
    促進事業        
1,518千円                              
                             
0千円
3 てんかん医療連携強化事業                1,441千円 ゼロ査定                          0千円
 (1) てんかん医療連携強化事業             1,441千円                               0千円

明細 大阪府精神科救急医療体制強化事業 一般救急病院への精神科コンサル事業等(20150642-00020009)

明細 アルコール健康障がい早期治療介入促進事業 アルコール健康障がい早期治療介入促進事業(20150642-00120017)

明細 てんかん医療連携強化事業 てんかん医療連携強化事業(20150642-01780649)



ここまで本文です。