平成29年度当初予算(政策的経費) 地方公営企業法適用関連事業費

管理事業名 :流域下水道事業 予算要求課 下水道室
事業名 :地方公営企業法適用関連事業費(20140268) 予算計上課 下水道室
款名・項名・目名 :流域下水道費 流域下水道費 流域下水道費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  流域下水道は、日常生活に必要不可欠なサービスを提  【事業内容】
 供する『地方公営企業』として、従前にも増して『効率  1.資産評価業務
 的・持続的』な管理運営に努めつつ適切に資産管理を行  ・資産評価は、経営の透明性・健全性の向上を目指し、
 うことが求められている。  流域下水道事業の財務状態を明らかにするため、全ての
  このことから、現行の官庁会計方式から減価償却費等  資産・資本及び負債の増減及び異動を、その発生の事実
 のコストを正確に算定し、財政状況や経営状況、資産の  に基づき、かつ、適当な区分及び配列の基準並びに一定
 状況等、事業全体の実態を的確に把握できる企業会計方  の評価基準に従って資産評価を行い、長寿命化計画の策
 式に改めることにより、事業全体の透明性・計画性を向  定等、今後の効率的な事業実施につなげていく。
 上させ、これまで以上に事業運営の効率化を目指す。  2.公営企業会計システム関連事業
開始終了年度  ・地方公営企業法の適用にあたり、下水道事業に特化し
 平成26年度〜  た流域下水道公営企業会計システムを構築し、運用保守
 を行う。
 【活動指標】
 1.資産評価業務
   ・資産評価実施
 2.公営企業会計システム関連事業
   ・システム構築(設計・設置・仮運用・研修)
 【成果指標】
  平成30年度から地方公営企業法の適用を目指す。

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

他会計から繰入

前年度当初予算額 63,742 2,500 29,000 30,588 1,654
要求額 133,339 13,477 58,000 60,732 1,130
査定額 133,339 13,477 58,000 60,732 1,130

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

流域下水道費負担金 維持管理費負担金 流域下水道施設維持管理費負担金 1,508 1,508
流域下水道費負担金 維持管理費負担金 流域下水汚泥処理施設維持管理費負担金 139 139
流域下水道費負担金 建設費負担金 流域下水道施設建設費負担金 59,026 59,026
流域下水道費国庫補助金 流域下水道費補助金 流域下水道施設整備費補助金 13,477 13,477
一般会計繰入金 一般会計繰入金 1,130 1,130
流域下水道受託事業収入 維持管理受託事業収入 流域下水汚泥処理施設維持管理受託金 59 59
府債 流域下水道債 58,000 58,000

要求額の内訳

査定額の内訳

1 資産評価業務 37,592千円 要求どおり 37,592千円
  (1) 資産評価業務 37,592千円   37,592千円
2 公営企業会計システム関連事業 95,747千円 要求どおり 95,747千円
  (1) 公営企業会計システム関連事業(構築) 93,939千円   93,939千円
  (2) 公営企業会計システム関連事業(運用・
    保守)
1,808千円  
 
1,808千円

明細 資産評価業務 資産評価業務(20140268-00010001)

明細 公営企業会計システム関連事業 公営企業会計システム関連事業(構築)(20140268-00040003)

明細 公営企業会計システム関連事業 公営企業会計システム関連事業(運用・保守)(20140268-00040005)



ここまで本文です。