平成29年度当初予算(政策的経費) 手数料収納方法改革事業費

管理事業名 :会計管理事務事業 予算要求課 会計総務課
事業名 :手数料収納方法改革事業費(20170817) 予算計上課 会計総務課
款名・項名・目名 :総務費 総務管理費 会計管理費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 本府においては、大阪府証紙徴収条例に基づき行政手数  1.コンビニ収納の導入(平成29年度〜)
 料の徴収は、原則として府が発行する証紙により行って   パソコンやスマートフォンを用いて手数料の種類や金
 いる。  額等をウェブ上で事前に情報入力し、コンビニ店舗内に
 しかし、府民とっては、大阪府証紙の購入場所が限定さ  設置されている情報端末機等で手数料納付情報を出力し
 れ、紛失等のリスクや貼り付ける手間のかかる制度であ  、コンビニでの手数料納付が行えるようにする。
 り、近年の情報化の進展等に伴い、より便利な決済方法   そのために、手数料収納代行事業者と契約し、府民が
 が普及しているところ。  手数料収納情報を入力して手数料収納代行事業者へ電子
 このことから、大阪府証紙徴収条例の廃止を行い、手数  的情報を送受信し格納等を行うコンビニ収納システムの
 料の徴収方法の多様化を促進し、もって府民の利便性の  開発運用を行う。
 向上と本府手数料徴収事務の効率化をめざす。  2.手数料収納事務委託(平成30年度〜)
開始終了年度   これまで府庁舎内や府外部の申請窓口等で「証紙売り
 平成29年度〜  さばき所」で手数料収納のための大阪府証紙を売りさば
根拠法令  いていたが、大阪府証紙の廃止に伴い府庁舎内や本府以
 地方自治法第227条  外の申請窓口に「手数料収納窓口」を設置し、当該業務
 地方自治法施行令第158条第1項第2号  を外部委託する。
 大阪府証紙徴収条例  3.POSレジの導入(平成30年度〜)
  大阪府証紙の廃止に伴い、窓口における現金収納及び
 支出科目の整理事務等を円滑に行うためPOSレジを設
 置する。
 【設置場所】
  (府知事部局)
   本館、別館、新別館、咲洲庁舎
  (府警本部)
   門真・光明池運転免許試験場、各警察署
 4.手数料徴収方法変更の周知啓発(平成29年度〜)
  大阪府証紙の廃止及び還付並びに手数料収納方法の変
 更について、円滑に制度移行が行えるよう、制度変更を
 広く府民に周知啓発する。
 【債務負担行為要求】
 ○期 間:平成29年度〜平成34年度
 ○限度額:35,526千円

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 1,992 0 0 0 1,992
査定額 392 0 0 0 392

要求額の内訳

査定額の内訳

1 手数料収納方法改革事業費 1,992千円   392千円
  (1) 手数料コンビニ収納事業費 392千円 要求どおり 392千円
  (2) 手数料徴収方法変更周知啓発費 1,600千円   0千円
   【0査定】
    府政だよりへは、年間広報計画へのエントリーを通じ
   て、掲載依頼を行うこと。

明細 手数料収納方法改革事業費 手数料コンビニ収納事業費(20170817-00010001)

明細 手数料収納方法改革事業費 手数料徴収方法変更周知啓発費(20170817-00010004)

備考
債務負担行為有り


ここまで本文です。