平成29年度当初予算(政策的経費) 土砂災害対策促進事業費

管理事業名 :消防防災事業 予算要求課 危機管理室
事業名 :土砂災害対策促進事業費(20161142) 予算計上課 危機管理室
款名・項名・目名 :総務費 防災費 防災総務費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  平成26年8月の豪雨による広島市の土砂災害の発生を  土砂災害から「逃げる」対策促進事業
 踏まえ、国では、「土砂災害警戒避難ガイドライン」な  (1)夜間避難安全対策促進事業
 どを改正するほか、府でも平成28年9月に土砂災害警戒  【概要】
 区域等の指定を完了し、土砂災害に対する的確な避難行   土砂災害警戒区域を抱える市町村で、先行的な取り組
 動への重要性は増している。  みとして、ハザードマップの作成、住民参加による夜間
  このため、府民の「逃げる」対策の充実強化のため、  避難訓練を実施したうえで、危険箇所の確認とその安全
 安全に避難することが困難な夜間の避難対策や、自力で  避難対策として、市町村が実施する避難誘導灯の整備に
 逃げることが困難な避難行動要支援者(高齢者や障がい  対して補助を行う。(補助率1/2、要件:ハザードマ
 者等)に対する避難対策を実施する市町村への支援を行  ップ作成、夜間避難訓練実施)
 うものである。  【補助対象】
開始終了年度   土砂災害警戒区域を有する33市町村
 平成28年度〜平成30年度  【補助限度額】
根拠法令   1市町村500千円まで
 災害対策基本法  【活動指標】
 地域防災計画   各市町村で夜間訓練を行い、その取り組みを広げるこ
 とにより、「逃げる」行動の習慣化を図る。
 【成果指標】
  H29年度 10市町村
 (H28年度  0市町村(夜間避難訓練実施 5市町
 ))
 (2)災害時避難用資機材配備事業
 【概要】
  土砂災害警戒区域等において、避難行動要支援者(災
 害が発生し、又は災害が発生するおそれがある場合に自
 ら避難することが困難な者)等の避難を円滑にするため
 、地域の力(共助)により「逃げる」ために必要となる
 資機材(車イスけん引装置、リヤカー等)を自主防災組
 織に貸与する市町村に補助を行う。(補助率1/2、要
 件:ハザードマップ作成、避難行動要支援者名簿作成、
 訓練等実施)
 【補助対象】
  275団体(土砂災害警戒区域に指定された区域の自
 主防災組織)
 【補助限度額】
  1団体20千円まで
 【活動指標】補助団体数
  H29年度 120団体
 (H28年度 5団体(見込み))
 【成果指標】資機材を活用した訓練実施回数
  H29年度 120回
 (H28年度 5回(見込み))

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 4,500 0 0 0 4,500
要求額 4,900 0 0 0 4,900
査定額 1,950 0 0 0 1,950

要求額の内訳

査定額の内訳

1 土砂災害から「逃げる」対策促進事業費 4,900千円   1,950千円
  (1) 夜間避難安全対策促進事業 2,500千円   750千円
   □補助事業の市町村活用意向調査の結果(3団体)を
    踏まえて事業費を精査。
  (2) 災害時避難用資機材配備事業 2,400千円   1,200千円
   □補助事業の市町村活用意向調査の結果(60団体)を
    踏まえて事業費を精査。

明細 土砂災害から「逃げる」対策促進事業費 夜間避難安全対策促進事業(20161142-00010001)

明細 土砂災害から「逃げる」対策促進事業費 災害時避難用資機材配備事業(20161142-00010002)



ここまで本文です。