ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成29年度当初予算通常(政策的経費) > 一般会計  > 地域医療介護総合確保基金事業費(精神保健対策事業)

平成29年度当初予算(政策的経費) 地域医療介護総合確保基金事業費(精神保健対策事業)

管理事業名 :精神保健対策事業 予算要求課 地域保健課
事業名 :地域医療介護総合確保基金事業費(精神保健対策事業)(20150642) 予算計上課 地域保健課
款名・項名・目名 :健康医療費 公衆衛生費 精神衛生費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 大阪府地域医療介護総合確保基金を活用し、下記の課題  1−(1) 合併症支援病院(精神科病院)において合併症
 に対応し在宅医療の充実を図る。      患者を円滑に受け入れるための機器を整備
 1.精神科救急医療体制について、従来のシステムでは  【活動指標】合併症支援病院において検査機器を設置し
  対応出来ない課題に対応するための体制の強化        患者急変時の検査を行う
 2.医療保護入院者等に対する意思決定及び意思の表明  【成果目標】合併症支援病院における休日・夜間の検査
  のサポートをする権利擁護体制を構築し、早期の退院        体制の確保
  を促すとともに、退院後の精神的不調を主治医や支援  【事業終了年度】平成29年度
  者に的確に伝えられることにより、再発の防止と地域  1−(2) 一般救急病院への精神科コンサル体制や身体科
  における安定した在宅医療をめざす。      処置後の患者の精神科での受入体制を整備
開始終了年度  【活動指標】合併症患者の受入れ・病状急変への対応
 平成26年度〜  【成果目標】夜間・休日における合併症患者への円滑な
根拠法令        支援体制の構築
 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第19条の11  【事業終了年度】平成30年度までとし、事業評価に基づ
 ほか  き、次年度以降の事業の在り方・継続等の課題について
 検討を行う。
 1−(3) 精神科救急医の育成のための研修を実施
 【活動指標】若手医師等210名に対して研修を実施
 【成果目標】平成29年度末における精神科救急勤務医
       不足(約40名)の解消
 【事業終了年度】平成29年度

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 98,811 0 0 98,811 0
要求額 80,888 0 0 80,888 0
査定額 44,297 0 0 44,297 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

地域医療介護総合確保基金繰入金 地域医療介護総合確保基金繰入金 精神保健対策事業基金繰入金 80,888 44,297

要求額の内訳

査定額の内訳

1 大阪府精神科救急医療体制強化事業 80,888千円   44,297千円
   ○本基金の範囲内で執行のこと。
  (1) 精神科病院への機器整備事業 2,500千円 要求どおり 2,500千円
   ○本事業は29年度までとする。
  (2) 一般救急病院への精神科コンサル事業等 75,644千円   39,053千円
   ○所要額を精査
   ○31年度以降は事業効果等を踏まえ議論。
  (3) 精神科救急医育成事業 2,744千円 要求どおり 2,744千円
   ○本事業は29年度までとする。

明細 大阪府精神科救急医療体制強化事業 精神科救急医育成事業(20150642-00020002)

明細 大阪府精神科救急医療体制強化事業 精神科病院への機器整備事業(20150642-00020007)

明細 大阪府精神科救急医療体制強化事業 一般救急病院への精神科コンサル事業等(20150642-00020009)



ここまで本文です。