平成29年度当初予算(政策的経費) 大阪府住宅供給公社事業費<政策的経費>

管理事業名 :居住企画事業 予算要求課 都市居住課
事業名 :大阪府住宅供給公社事業費<政策的経費>(19962262) 予算計上課 都市居住課
款名・項名・目名 :住宅まちづくり費 住宅まちづくり推進費 住宅供給促進費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 ●大阪府住宅供給公社事業費(政策的経費)  ●大阪府住宅供給公社融資費
  大阪府住宅供給公社においては、「経営計画(H24〜H  《事業内容》
 33)」を策定し、更なる経営改善とあわせ住宅まちづく   府の住宅施策を補完する公的団体である大阪府住宅供
 りへの貢献に取り組んでいる。   給公社に対し@利子補給A損失補償を行う。
  府は公社の経営改善を図るための安定的な資金調達、   @利子補給
 公社賃貸住宅における住環境整備を促進する。    ・平成22年3月31日付けで公社が、府からの短期借
    入金を金融機関からの長期借入金に切替えを行っ
    た。これに伴い発生する借入利息の一部を補給す
    る。
     要求額:124,845千円
   【活動指標】
    平成27年度 111,234千円(実績)
    平成28年度  99,195千円(見込)
    平成29年度 124,845千円(予定)
   【成果指標】
    平成14年度〜平成29年度の利子補給総額
         4,809,661千円
  A損失補償
   ・大阪府住宅供給公社が大阪府出資法人グループ・
    ファイナンス(GF)の運用を活用して行う資金
    借入れに対して、府が損失補償を付与する。
     期 間:平成29年度〜平成41年度
     限度額:2,296,000千円の元金及び利子並びに
         清算金
   ・平成19年度にグループ・ファイナンスによる資金
    調達が不足した際に、金融機関からの借入金で補
    填したが、これについて、平成29年度末に次の5
    年間の金銭消費貸借契約を行う必要があるため、
    継続して府が損失補償を付与する。
     期 間:平成29年度〜平成36年度
     限度額:2,833,400千円
   【活動指標】
    平成29年度末に公社が借換えを行うために、府が
    損失補償を付与する見込金額
         5,129,400千円
   【成果指標】
    公社はGF等を利用することで、低利で安定的な
    資金調達を行っている。

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 130,293 0 0 0 130,293
要求額 124,845 0 0 0 124,845
査定額 124,845 0 0 0 124,845

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

住宅まちづくり貸付金元利収入 住宅まちづくり推進費貸付金元利収入 居住企画事業貸付金償還金 0 0
雑入 住宅まちづくり費雑入 居住企画事業雑入 0 0
住宅まちづくり債 住宅まちづくり推進債 居住企画事業債 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 大阪府住宅供給公社融資費 124,845千円 要求どおり 124,845千円
  (1) 利子補給 124,845千円   124,845千円

明細 大阪府住宅供給公社融資費 利子補給(19962262-00010026)

備考
債務負担行為有り


ここまで本文です。