平成29年度当初予算(最終調整) 港湾防災費

管理事業名 :海 岸 事 業 予算要求課 港湾局
事業名 :港湾防災費(20060656) 予算計上課 都市整備総務課
款名・項名・目名 :都市整備費 河川海岸費 海岸保全費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  海抜ゼロメートル地帯を含む西大阪地域と泉州地域に  【事業対象】
 は、都市が形成され人口・資産が集中しており、高潮や   ○堺泉北港海岸外
 地震による津波に被災したときの被害は甚大なものとな  【事業内容】
 る。南海トラフ巨大地震による被害想定では約11,0   ○海岸保全施設(護岸・水門等施設)について、
 00haの浸水が発生し、最悪で死者が13万人にも上が    計画高さが不足している護岸の嵩上げや老朽化の
 ることが示された。これらの地域の府民の生命・財産を    著しい水門等施設の改良等を実施する。
 守り、「あんぜん・あんしん」な社会基盤を維持するた   ○防潮ライン確保のための防潮堤の嵩上げ及び災害
 め、近い将来発生が確実視されている東南海・南海地震    発生時に正常な機能を発揮するため、老朽化した
 による津波や液状化、台風等により発生する高潮等の災    水門施設の電気設備更新を行う。
 害への対策を行う。  【公共採択要件】
  ○公共として採択されるための要件
  ・総事業費1億円以上ほか
  ・補助率1/2
 【活動指標】
  ○防潮堤の変位・沈下をおさえる液状化対策工などの
   耐震・液状化対策を実施する。また、津波が防潮
   堤を越流した場合であっても、施設の機能が粘り
   強く発揮できるよう構造の強化を図る。
  ・堺地区     平成 6年度〜30年度
    堺泉北港海岸 堺地区 護岸改良工事、
    水門改良工事2基、護岸改良工事3,165m、
    防潮堤液状化対策680m
  ・岸和田地区   平成21年度〜30年度
    水門改良工事、電気設備改良(2基)
  ・忠岡岸和田地区 平成19年度〜30年度
    水門改良工事、水門改良工事、
    水門改良(2基)、護岸改良(1,512m)
 【成果指標】
  ○活動指標に掲げる海岸保全施設の液状化対策等と、
   これらの対策に加え、「逃げる」取り組みにより、
   津波、高潮による人的被害をゼロに近づける。
 【根拠法令】
  ○海岸法

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 0 0 0 0 0
内示額 2,733,000 0 0 0 2,733,000
調整要求額(最終) 2,729,640 0 0 0 2,729,640
査定額 2,729,640 0 0 0 2,729,640

要求額の内訳

査定額の内訳

1 節割入力後細事業 2,729,640千円   2,729,640千円
  (1) 節割入力後細々事業(準義務) 2,729,640千円   2,729,640千円

明細 節割入力後細事業 節割入力後細々事業(準義務)(20060656-00160029)

備考
債務負担行為有り


ここまで本文です。