ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成29年度当初予算課長後調整 > 一般会計  > 交流及び共同学習を通じた障がい者理解推進事業費()

平成29年度当初予算(課長後調整要求) 交流及び共同学習を通じた障がい者理解推進事業費()

管理事業名 :府立支援学校管理運営事業 予算要求課 支援教育課
事業名 :交流及び共同学習を通じた障がい者理解推進事業費()(20170533) 予算計上課 支援教育課
款名・項名・目名 :教育費 特別支援学校費 学校管理費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  障がいのある子どもと障がいのない子どもの交流及び   大阪府を5ブロックに分け、中心となる府立支援学校
 共同学習を進めることで、障がい者理解を推進し、共生  と地域の小・中・高等学校の連携により、障がい者スポ
 社会の実現をめざす。  ーツ及び芸術・文化を通した交流及び共同学習の場をつ
開始終了年度  くり、障がい者理解を促進する。
 平成29年度〜平成31年度  【対象】
   府立支援学校と地域の小・中・高等学校
 【活動指標】
   各ブロック年1〜3回 交流及び共同学習を実施
 【成果指標】
   交流及び共同学習への参加生徒数
   H29年度 50人×3回×5ブロック=750人(予定)
   H30年度 50人×3回×5ブロック=750人(予定)
   H31年度 50人×3回×5ブロック=750人(予定)
 【調整理由】
  特定財源の項目更正のため

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 3,297 3,297 0 0 0
内示額 3,297 3,297 0 0 0
調整要求額(課長後) 0 0 0 0 0
査定額 0 0 0 0 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

教育費国庫委託金 特別支援学校費委託金 府立支援学校管理運営事業委託金 3,297 3,297
教育費国庫委託金 特別支援学校費委託金 特別支援学校費委託金 ▲3,297 ▲3,297

要求額の内訳

査定額の内訳

1 交流等を通じた障がい者理解推進事業 0千円 要求どおり 0千円
  (1) 交流等を通じた障がい者理解推進事業 0千円   0千円

明細 交流等を通じた障がい者理解推進事業 交流等を通じた障がい者理解推進事業(20170533-00010001)



ここまで本文です。