ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成29年度当初予算通常 > 一般会計  > 社会保障・税番号制度システム事業費

平成29年度当初予算(経常的経費) 社会保障・税番号制度システム事業費

管理事業名 :情報化推進事業 予算要求課 IT推進課
事業名 :社会保障・税番号制度システム事業費(20141523) 予算計上課 IT推進課
款名・項名・目名 :総務費 総務管理費 情報管理費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 社会保障・税番号制度  平成29年7月より開始予定の国・都道府県・市町村等と
 複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報である  の情報連携に向けて、必要なシステムを整備する。
 ということの確認を行うための基盤であり、社会保障・  さらに、総務省の自治体セキュリティ強化案を踏まえて
 税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の  、必要な機器の調達などセキュリティ対策に取り組む。
 高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤(イン  1.「団体内統合宛名システム」
 フラ)である。  ・平成26年度:調査・概要設計
開始終了年度  ・平成27年度:構築・連携テスト
 平成26年度〜  ・平成28年度から平成32年度 運用保守
根拠法令  総合評価一般競争入札
 番号法    ※債務負担行為あり
   期 間 平成27年度〜平成32年度まで
   限度額 112,455千円
   目 的 団体内統合宛名システム及び機器運用保守
 2.「中間サーバ」
 ・中間サーバ整備のための負担金及び中間サーバ接続用
 の端末の調達
 3.4.「自治体情報セキュリティ強靭性向上対策」
 ・新型ファイアウォール機器、仮想デスクトップ(V
  DI)機器、二要素認証、物理端末機器(職員端末機
  及びプリンタ)、ネットワーク機器等の導入に伴う賃
  貸借
 ・ネットワーク配線等工事費
 ・通信ログ分析業務委託
 ・物理分離設計、設定業務委託
 ・個人番号利用事務ネットワーク用情報基盤サーバ運用
 管理(サポートセンタ)業務委託
  ※債務負担行為あり
   期 間 平成28年度〜平成31年度まで(随意契約)
   限度額 110,880千円
   目 的 個人番号利用事務ネットワーク用情報基盤
       サーバ運用管理業務委託
 ・大阪版自治体情報セキュリティクラウド調査・概要
  設計業務委託
 ・大阪版自治体情報セキュリティクラウド構築・運用
  報告業務委託
  ※債務負担行為あり
   期 間 平成28年度〜38年度まで
   限度額 16,200千円
   目 的 大阪版自治体情報セキュリティクラウド
  構築・運用報告業務委託
 「活動指標」
 平成27年度決算額    111,052千円
 平成28年度決算見込額  222,694千円
 平成29年度要求額    297,408千円

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 357,993 0 0 0 357,993
要求額 297,408 0 0 0 297,408
査定額 297,408 0 0 0 297,408

要求額の内訳

査定額の内訳

1 社会保障・税番号制度システム事業 297,408千円 要求どおり 297,408千円
  (1) 団体内統合宛名システム整備事業費 17,372千円   17,372千円
  (2) 中間サーバ整備費 8,069千円   8,069千円
  (3) 自治体情報セキュリティ強靭性向上対策費 271,967千円   271,967千円

明細 社会保障・税番号制度システム事業 団体内統合宛名システム整備事業費(20141523-00010001)

明細 社会保障・税番号制度システム事業 中間サーバ整備費(20141523-00010003)

明細 社会保障・税番号制度システム事業 自治体情報セキュリティ強靭性向上対策費(20141523-00010019)



ここまで本文です。