平成29年度当初予算(経常的経費) 居宅介護従業者養成研修等事業費

管理事業名 :障がい者福祉事業 予算要求課 地域生活支援課
事業名 :居宅介護従業者養成研修等事業費(20021339) 予算計上課 障がい福祉室
款名・項名・目名 :福祉費 障がい者福祉費 障がい者福祉推進費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  障がい者に対する居宅介護サービス等の充実を図るた  )1.居宅介護職員初任者研修の実施
 め、訪問介護員を対象とした研修の実施及び移動支援(   【対 象 者】介護保険法に基づく介護職員初任者研修
 同行援護含む)従業者指導者研修への参加の機会の提供         修了者で、障がい者ホームヘルパーとし
 を行い、障がい福祉サービス提供者の確保と資質の向上         て活動を希望する者
 を図る。   【募集者数】140人
開始終了年度   【実施期間】平成29年5月〜平成29年10月頃
 平成13年度〜   【研修内容】講義           35時間
根拠法令         介助演習         12時間
 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するた         障がい者施設での見学実習  4時間
 めの法律          計         51時間
 地域生活支援事業実施要綱   【開始年度】平成13年度〜
  【委 託 先】社会福祉法人大阪障害者自立支援協会
       (予定)
  【活動指標】研修受講決定者数及び修了者数
         平成27年度  78名・ 60名
         平成28年度  86名・ 60名(見込)
  平成29年度 140名・112名(見込)
  (本研修は全課程の受講を修了要件としているが、
   受講者の多くは訪問介護員として就労している者)
 2.視覚障がい者移動支援(同行援護を含む)従業者資
   質向上研修への受講者派遣
  【事業概要】国が実施する視覚障がい者移動支援(同
        行援護を含む)従業者資質向上事業によ
        る指導者養成研修の参加に要する交通費
        及び宿泊費を助成し、指導技術の習得及
        び研修内容の普及を行う。
  【対 象 者】研修に参加する移動支援(同行援護)従
        業者、視覚障がい当事者及び介助者
  【研修場所】障がい当事者対象の研修は東京で開催
  【研修日数】4日間
  【活動指標】助成実施者数
        平成27年度 7名
        平成28年度 6名(予定)
        平成29年度 6名(予定)
  【開始終了年度】平成22年度〜

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 3,222 1,611 0 0 1,611
要求額 3,222 1,611 0 0 1,611
査定額 3,222 1,611 0 0 1,611

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

福祉費国庫補助金 障がい者福祉費補助金 障がい者福祉事業補助金 1,611 1,611

要求額の内訳

査定額の内訳

1 居宅介護職員初任者研修事業費 2,938千円   2,938千円
   ○国庫内示の範囲内で執行すること。
  (1) 居宅介護職員初任者研修事業費 2,938千円   2,938千円
2 視覚障がい者移動支援従業者研修派遣事
  業費
284千円  
 
284千円
  (1) 視覚障がい者移動支援従業者研修派遣
    事業費
284千円  
 
284千円

明細 居宅介護職員初任者研修事業費 居宅介護職員初任者研修事業費(20021339-00010001)

明細 視覚障がい者移動支援従業者研修派遣事業費 視覚障がい者移動支援従業者研修派遣事業費(20021339-00020004)



ここまで本文です。