平成28年度当初予算(部長復活要求) 有害鳥獣捕獲者育成事業費

管理事業名 :野生動物対策事業 予算要求課 動物愛護畜産課
事業名 :有害鳥獣捕獲者育成事業費(20160489) 予算計上課 動物愛護畜産課
款名・項名・目名 :環境農林水産費 動物愛護畜産業費 動物愛護畜産振興費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 シカ・イノシシの生息数増加に伴う生態系・農林業被害  公益社団法人大阪府猟友会が即戦力になる人材を育成す
 等が全国的に問題となっている。  るために、狩猟技術や安全対策はもとより、現場での細
 そのため、シカ・イノシシの個体数の減少を図るため、  やかな知識等(森林所有者との付き合い方、効率的な捕
 狩猟者が中心となり、捕獲(有害鳥獣捕獲)を実施して  獲方法など)ほかに見られない教育を行う「大阪ハンテ
 いるが、従事する狩猟者の高齢化が進んでおり、後継者  ィングアカデミー」に対し初期運営費等を支援する。
 の育成が喫緊の課題となっていることから、新たな狩猟  1.有害鳥獣捕獲者育成事業
 者の育成を図る。  (1)有害鳥獣捕獲者育成事業
開始終了年度   【事業内容】「地方創生交付金活用事業」を活用し、
 平成28年度〜平成28年度         熟練狩猟者から若手狩猟者に対して、狩
根拠法令         猟技術の全ての伝承を図る。
 鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律         ※先駆性ある取組
  【主な機能】若手で経験の少ない狩猟者へ技術の伝承
        を図り即戦力とするための、狩猟者育成
        の拠点とする。
        大阪ハンティングアカデミー(仮称)
  【活動指標】平成26年度 開校へ向けての打合せ6回
        平成27年度 開校へ向けての打合せ3回
        平成28年度 学科8回 現地実習6回
              50名受講(予定)
  【成果指標】即戦力となる狩猟者の育成 50名

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 2,000 1,000 0 0 1,000
内示額 0 0 0 0 0
復活要求額(部長) 2,000 1,000 0 0 1,000
査定額 2,000 1,000 0 0 1,000

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

環境農林水産費国庫補助金 動物愛護畜産業費補助金 野生動物対策事業補助金 1,000 1,000

要求額の内訳

査定額の内訳

1 有害鳥獣捕獲者育成事業 2,000千円 要求どおり 2,000千円
  (1) 有害鳥獣捕獲者育成事業 2,000千円   2,000千円

明細 有害鳥獣捕獲者育成事業 有害鳥獣捕獲者育成事業(20160489-00010002)



ここまで本文です。