食中毒等に関すること


ここから本文です。

更新日:2022年4月6日

食中毒の種類

食中毒とは、病原微生物や有害物質などを含む飲食物を摂取したことによって起こる健康被害のことで、原因となる物質は「細菌」「ウイルス」「寄生虫」「自然毒」「化学物質」に大きく分類されます。

分類特徴代表例

細菌

食品に付着した細菌が体内で増殖することや
細菌が作った毒素を含む食品を食べることで発生する。

腸管出血性大腸菌
カンピロバクター
サルモネラ
ウェルシュ菌
セレウス菌
黄色ブドウ球菌
腸炎ビブリオ
ボツリヌス菌

ウイルス

食品に付着したウイルスが体内で増殖することで発生する。ノロウイルス
A型肝炎ウイルス
E型肝炎ウイルス

寄生虫

寄生虫や原虫などが寄生している食品を食べることで発生する。アニサキス
クドア・セプテンプンクタータ

自然毒

毒を持つ植物や動物を食べることで発生する。【植物性自然毒】
毒キノコ
有毒植物
【動物性自然毒】
ふぐ毒
貝毒

化学物質

化学物質を含む食品や化学物質に汚染された食品を食べることで発生する。ヒスタミン
重金属
消毒剤、洗剤

食中毒予防に関する知識

食中毒の防ぎ方

食中毒を防ぐためには、原因物質の特徴や予防方法を知ることが大切です。

また、食中毒というと、飲食店での食事が原因と思われがちですが、家庭の食事でも発生しています。
家庭でも食中毒予防のポイントをおさえて調理しましょう。

食中毒の防ぎ方の詳細はこちらをご覧ください。

啓発資料

細菌性食中毒

腸管出血性大腸菌

カンピロバクター

サルモネラ

ウエルシュ菌、セレウス菌

黄色ブドウ球菌

腸炎ビブリオ

ボツリヌス菌

ウイルス性食中毒

寄生虫

自然毒

植物性自然毒

動物性自然毒

化学物質

食中毒の発生状況

令和4年食中毒発生状況速報

今年の大阪府全域における食中毒の発生状況について掲載しています。

令和3年食中毒発生状況

昨年の大阪府全域における食中毒の発生状況について掲載しています。

過去の食中毒発生状況(平成12年から令和2年)

大阪府の過去の食中毒発生状況について、平成12年から令和2年までの各年毎に掲載しています。

貝毒に注意しましょう!

二枚貝の貝毒に関する啓発情報について掲載しています。

食中毒予防啓発活動報告

今年度の作成された食中毒予防啓発ポスターや、食中毒予防キャンペーンについて掲載しています。

このページの作成所属
健康医療部 生活衛生室食の安全推進課 監視指導グループ

ここまで本文です。


ホーム > くらし・住まい・まちづくり > くらし > 食中毒等に関すること