大阪府重度知的障がい者地域生活支援体制整備事業について

更新日:2022年5月18日

令和4年度大阪府重度知的障がい者地域生活支援体制整備事業

入所施設から地域生活への移行や「親なき後」において、重度知的障がい者の暮らしの場となるグループホームの確保が課題となっています。このため、重度知的障がい者の地域生活を支えるグループホームを拡大するため、既に重度知的障がい者を受け入れ、専門的な支援を実施しているグループホームを運営する法人に委託して、実地研修やコンサルテーション等を実施しています。

本事業では、参加法人が委託先法人のグループホームなどにおける実地研修により、実際に行われている支援を習得することや、コンサルテーションを受けることにより、専門的な支援方法(大阪府強度行動障がい支援者養成研修で学ぶ支援スキルの実践など)や組織マネジメントなど、適切な支援を行う上で必要となる知識や技術を習得することができるように取り組んでいます。

※(委託先法人)社会福祉法人 北摂杉の子会(外部サイト)

参加法人

●社会福祉法人 四幸舎和会(令和2年度から参加)(外部サイト)

社会福祉法人 和光福祉会(令和2年度から参加)(外部サイト)

●社会福祉法人 光輝会(令和3年度から参加)(現在HPリニューアル中のため、後日更新予定)

※クリックすると各法人のホームページにつながります。

令和3年度事業取り組み報告

令和3年度大阪府重度知的障がい者地域生活支援体制整備事業は、国の地域生活支援事業の令和3年度発達障害児者地域生活支援モデル事業の取り組みの一貫として実施しました。

令和3年度大阪府重度知的障がい者地域生活支援体制整備事業報告 [その他のファイル/112KB]

令和4年度大阪府重度知的障がい者地域生活支援体制整備事業

参加法人募集について New!

 

1.趣旨

近年、障がい者およびその介護者の高齢化が重大な課題となっています。とりわけ、重度の知的障がい者の多くが介護者である家族と同居しており、親なき後の暮らしの場の確保は喫緊の課題です。
このため、大阪府では、障がい者の暮らしの場の1つであるグループホームにおいて、重度知的障がい者に専門的かつ適切な支援ができる事業所の拡大をめざし、本事業を実施します。

※ここでは、重度を障がい支援区分5以上とします。

令和4年度においては、令和3年度から継続して参加の3法人に加えて、新たに2法人を募集します。

募集要項 [Wordファイル/36KB]

2.事業内容

(1)事業概要

本事業に参加する法人(公募により3法人を選定)は、事業の受託者である社会福祉法人北摂杉の子会から、グループホームで重度知的障がい者を適切に支援するにあたって必要となる専門的な知識や技術を学びます(「4.研修内容」参照)。

(2)事業期間

令和4年6月下旬頃から令和5年3月31日まで

※新型コロナウィルス感染症の今後の状況変化によりスケジュールの変更をする場合があります。

(3)スケジュール(予定)

令和4年4月28日から5月31日                   ・参加法人の応募受付
令和4年6月上旬から5月中旬                    ・応募法人の審査(本事業参加法人の決定)
令和4年6月下旬                                     ・研修開始日の決定
令和4年7月上旬頃から令和5年3月31日     ・専門的な知識や技術を学ぶための研修の実施と成果報告

スケジュール例 [PDFファイル/435KB]
 

3.対象者(応募資格)

大阪府内(政令市を除く)で障がい福祉サービス事業所を運営する法人で、以下のすべてに該当する者

・現在、重度知的障がい者が利用するグループホームを運営している、または、知的障がい者が利用する障害者支援施設を運営しており、重度知的障がい者が利用するグループホームを今後運営する予定がある
・本事業に参加するにあたって中心的な役割を担うコアメンバー(3から4名程度)を選出することができる
・その他、本事業の円滑な実施に協力できる

4.研修内容

本事業の受託者である社会福祉法人北摂杉の子会が研修を行います。なお、具体的な実施時期や回数は、実際に参加する法人の希望を踏まえて調整します。

5.参加費用(法人様ご負担分)

1年目:665,000円

※費用については、令和5年3月末の事業終了後に委託法人より請求があります。1年目の負担金額については、年間でかかる最大の費用を掲載しております。なお、研修の実施回数に応じて金額が変わることがあります。

6.申込み手続き 

応募申込書 [Wordファイル/31KB]に必要事項を記入の上、令和4年5月31 日(火曜日)午後5時まで【必着】に、seikatsukiban@sbox.pref.osaka.lg.jpまで、メールでお申し込みください。

7.参加の決定及び通知

本事業への参加の決定及び通知は、6月中旬頃を予定しています。参加の可否は、申込みをされたすべての方にメールで通知します。なお、応募多数の場合は、応募資格を確認の上、書類による審査を行います。 

8.その他

本申込みにより知り得た個人情報については、本事業の運営にかかる目的にのみ使用し、他の目的には使用しません。

また、募集内容への質問は電子メールで受けつけます。令和4年5月13日(金曜日)午後5時までに seikatsukiban@sbox.pref.osaka.lg.jpまでお願いします。なお、質問に対する回答は、令和4年5月20日(金曜日)に府ホームページに掲載します(各質問者には、ホームページに公開したことをお知らせします)。

質問票 [Wordファイル/34KB]

9.お問い合わせ先

大阪府福祉部障がい福祉室生活基盤推進課 
「重度知的障がい者地域生活支援体制整備事業」担当
電話番号:06-6944-2295     ファクシミリ: 06-6944-6674

 

令和3年度大阪府重度知的障がい者地域生活支援体制整備事業 ※終了しています。

実践報告会のご案内 終了しています。

令和3年度 大阪府重度知的障がい者地域生活支援体制整備事業の参加法人による実践報告会を開催します。
現場の状況に合わせたアセスメントを大切に重度知的障がいの支援に取り組んでいる事業所による実践報告です。
ぜひご参加ください。

開催内容

(日程) 令和4年3月12日 土曜日

(時間) 13時30分から16時30分

(方法) Zoomによるオンライン開催

(当日の流れ)
13時30分から14時00分 事業説明
14時00分から16時00分 実践報告(20分を5事例)
16時00分から16時30分 質問、総括

(実践報告の内容)
・社会福祉法人四幸舎和会  くりのみ園 より2ケース
・社会福祉法人和光福祉会  つばさ より1ケース
・社会福祉法人光輝会  輝きステーション、ライフサポートより各1ケース

(申込)
1.
Googleフォーム(外部サイト)より申し込みください。 
実践報告会チラシ [その他のファイル/412KB]ダウンロード後、QRコードからお申込いただくことも可能です)

2.申込者に資料・参加URLをメールで送付します。
(3月8日に送付を予定しています。届かない方は以下のお問合せ先まで問い合わせください)

(注意点)
視聴にZoomを使います。
お使いのパソコンや通信状況により音声、画像が途切れることもあります。
報告内容の録画、録音は禁止しております。

(お問合せ先)
大阪府福祉部障がい福祉室生活基盤推進課 
「重度知的障がい者地域生活支援体制整備事業」担当
電話番号:06-6944-2295     ファクシミリ: 06-6944-6674

 

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室生活基盤推進課 整備グループ

ここまで本文です。


ホーム > 福祉・子育て > 障がい児・障がい者 > 大阪府重度知的障がい者地域生活支援体制整備事業について