【検討終了】大阪産(もん)のブランドの確立


概要(説明)

大阪府内で生産された農産物、水産物、畜産物、林産物とこれらを用いた加工品を「大阪産(もん)」、大阪の特産加工食品を「大阪産(もん)名品」として認知度アップを図り、府内産一次産品の消費拡大及び一次産業や食品加工業の振興に貢献することを目的としています。

 関連リンクはこちら

発端は何?

大阪には魅力的な一次産品等が多くありますが、消費者の認知度が高いとは言えない状況にあります。これまでもそれぞれの機関団体等が様々なブランド名ででPRを行っていますが、消費者の関心をより集めるため府内の農林水産物及びその加工品、大阪の特産と認められる加工食品を大阪産(もん)の統一ロゴマークを使ってPRしていくこととしました。

寄せられたご意見



今後の予定は?

大阪産(もん)の普及啓発に力を尽くし、優れた活動を表彰してきた大阪産(もん)五つの星大賞は、平成23年度から27年度までの5年間で20団体を選定し、大阪産(もん)のブランドイメージの向上に大きく寄与してきました。また、チャレンジ支援事業審査委員会については、実施主体である府立環境農林水産総合研究所が地方独立行政法人に移行されました。今後は、引き続き多くの人が集まるイベント等へ出展し、大阪産(もん)のPRを行うとともに、ホームページやメールマガジンなど様々な媒体を通じ、大阪産(もん)の魅力を幅広く発信することで、認知度アップや販売促進に努めていきます。



どこまで進んでいるの?

会議の状況 議会・庁内会議 府外団体等会議
大阪産(もん)五つの星大賞及び大阪産(もん)チャレンジ支援事業審査委員会(第1回) 2012年5月10日
大阪産(もん)五つの星大賞及び大阪産(もん)チャレンジ支援事業審査委員会(第2回) 2012年7月25日
大阪産(もん)五つの星大賞及び大阪産(もん)チャレンジ支援事業審査委員会(第3回) 2012年9月26日
大阪産(もん)五つの星大賞及び大阪産(もん)チャレンジ支援事業運営委員会(第1回) 2013年5月7日
大阪産(もん)五つの星大賞及び大阪産(もん)チャレンジ支援事業運営委員会(第2回) 2013年8月20日
大阪産(もん)五つの星大賞及び大阪産(もん)チャレンジ支援事業運営委員会(第3回) 2013年9月24日
大阪産(もん)五つの星大賞運営委員会(第1回) 2014年6月3日
大阪産(もん)五つの星大賞運営委員会(第2回) 2014年8月20日
大阪産(もん)五つの星大賞運営委員会(第3回) 2014年10月3日
大阪産(もん)五つの星大賞運営委員会(第1回) 2015年5月8日
大阪産(もん)五つの星大賞運営委員会(第2回) 2015年7月21日
大阪産(もん)五つの星大賞運営委員会(第3回) 2015年9月14日

ホーム > 施策プロセスの見える化 > 【検討終了】大阪産(もん)のブランドの確立

ここまで本文です。