養育里親の愛称を決定しました

更新日:2015年12月8日

養育里親の愛称を決定しました 

  養育里親について、広く府民の理解を得るとともに、新たに養育里親になってくださる方を増やすため、「里親=養子」のイメージを変え、親しみやすく覚えやすい、養育里親の愛称を募集しました。結果、応募総数1,441点の中から、最優秀賞1点、優秀賞2点を選び、最優秀賞の愛称を養育里親の愛称に活用することに決定しました。

   

養育里親の愛称   はぐくみホーム

 

募集結果の概要

1.募集期間

  平成26年11月1日(土曜日)から平成26年12月26日(金曜日)

2.応募総数

  1,441点

3.受賞作品((※)複数名から応募いただいた愛称については、抽選により受賞者を選考しました。)

  最優秀賞 「はぐくみホーム」 2名

        小林 仁美(こばやし ひとみ) 様

  

  選考理由

   「はぐくみ」という言葉のもつ‘ぬくもり’と、‘生活の場としての家’を意味する「ホーム」を組み合わせることで、いつもあたたかく迎え入れてくれる家庭で、里親という特定の大人とのかかわりをとおして、子どもが健やかに育つ、そういう制度であることを表しています。  

  

  

  優秀賞  「養育ホーム」 2名

        仲谷 とも子(なかたに ともこ) 様

   

        「もずの家」 1名

        清水 玄(しみず げん) 様

   

問い合せ先

大阪府 福祉部 子ども室 家庭支援課 育成グループ

(住所)〒540−0008 大阪市中央区大手前2丁目

(電話)06−6944−6318

このページの作成所属
福祉部 子ども家庭局家庭支援課 育成グループ

ここまで本文です。