河川の水環境

更新日:2022年3月2日

寝屋川流域の水環境

寝屋川流域水環境改善計画

 寝屋川流域は、周りを高い土地に囲まれており、水の流れが悪いことから、昭和30年代からの都市化により水質が大きく悪化しました。そういった水環境を改善するため下水道の整備や、淀川の水の導水などに取り組んできました。
 平成16年には、国・府・流域市で構成する寝屋川流域協議会において、平成16年5月に清流ルネッサンス2計画を策定し、取組を進めてきました。その結果、水質は大きく改善されましたが、さらなる水環境の改善を図るため、後継計画として平成24年5月に寝屋川流域水環境改善計画を策定しました。

恩智川の浮遊ごみ対策

 恩智川流域では、平成25年度より「恩智川クリーン・リバープロジェクト」として、 流域住民、大東市、東大阪市、八尾市、柏原市と連携し、河川の美化活動やぽい捨て防止の啓発を行うなど、浮遊ごみの削減に向けた取組を進めています。

平野川のスカム対策

 平野川では、スカムによる悪臭などにより生活環境に悪影響等を及ぼしていることから、底泥の浚渫等の対策を行っています。
 また、令和2年度から新たなスカム対策として、「寝屋川流域底質改善対策検討部会」において、薬剤による底質改善対策について検討しています。
  ※河川の底に溜まったヘドロの表面部分がガスにより水面上に浮遊したもの

ダイオキシン類対策の取り組み  

神崎川などにおけるダイオキシン類対策

 大阪府では、神崎川などにおいてダイオキシン類により汚染された河川の底質浄化事業を行っています。 
 事業の実施にあたっては、「大阪府河川及び港湾の底質浄化審議会」において、工事手法や調査方法などについて検討してきました。

  河川・港湾工事に係る環境対策マニュアル(案)(平成16年2月)

その他河川の水環境

大和川の水環境

 大和川流域では、国・府・流域市で構成する大和川水環境流域協議会(外部サイト)において、平成28年度に大和川水環境改善計画を定め、水環境の改善を進めています。
 令和3年11月27日に藤井寺市において「大和川・石川プラスチックごみ調査&クリーンアップ大作戦!Let’s MIGO in ふじいでら」(外部サイト)を開催しました。
 大和川・石川プラスチックごみ調査&クリーンアップ大作戦!Let’s MIGO in ふじいでら

【大阪府deごみ拾い】藤井寺市で1770Lを回収!大和川・石川プラスチックごみ調査&クリーンアップ大作戦!Let’s MIGO in ふじいでら

関係リンク先

ダイオキシン類対策

大阪府のダイオキシン類対策に関するページ

大阪湾と河川の環境保全大阪府の海ごみ対策に関するページ



このページの作成所属
都市整備部 河川室河川環境課 環境整備グループ

ここまで本文です。