アドプト・プログラムについて

更新日:2020年11月9日

大阪府では、平成12年度より、「アドプト・プログラム」に取り組んでいます。

「アドプト・プログラム」とは、府民の皆さまが、身近な道路・河川・海岸などに愛着を持ち、施設の美化活動に取り組んでいくため、大阪府が様々な角度からサポートするプログラムです。現在、府内では約641団体、5万人を超える皆さんが地域で活動を実施されています。道路、河川、港湾(海岸)のそれぞれの活動場所に応じて、以下3つのプログラムを展開しています。

◆アドプト・ロード・プログラム

  府民の皆さまに、府の管理する道路(主に歩道部)の一定区間ついて、清掃などの美化活動を行っていただくプログラムです。
  アドプト・ロード・プログラムの参加申し込みについては、こちら(別ウインドウで開きます)をご確認ください。

◆アドプト・リバー・プログラム

  府民の皆さまに、府の管理する河川の一定区間ついて、清掃などの美化活動を行っていただくプログラムです。
  アドプト・リバー・プログラムの参加申し込みについては、こちら(別ウインドウで開きます)をご確認ください。

◆アドプト・シーサイド・プログラム

  府民の皆さまに、府の管理する港湾、海岸の一定区間ついて、清掃などの美化活動を行っていただくプログラムです。
  アドプト・シーサイド・プログラムの参加申し込みについては、こちら(別ウインドウで開きます)をご確認ください。

大阪府 アドプト・プログラムのあり方懇話会

  大阪府では、アドプト・プログラム15周年を迎えたときに、15年の間に変化してきた府民や企業のインフラ活用ニーズの多様化を受け、
  「アドプト・プログラム」の見直しを行うため、「大阪府 アドプト・プログラムのあり方懇話会」を設置し、検討を行いました。

○アドプト・プログラムの見直しに向けた取組(別ウインドウで開きます)

このページの作成所属
都市整備部 事業調整室事業企画課 維持・情報グループ

ここまで本文です。