大阪コロナ重症センター等における医療従事者派遣事業補助金について

更新日:2021年11月26日

補助金の概要

・補助金概要[Wordファイル/60KB]/[PDFファイル/767KB]

・大阪コロナ重症センター等における医療従事者派遣事業補助金交付要領 [Wordファイル/27KB]/[PDFファイル/363KB]

※補助金の交付は大阪府から直接医療機関へ行います。医療従事者の方へ直接支給することはありませんのでご注意ください。

目的

 地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪急性期・総合医療センターの敷地内に設置する大阪コロナ重症センター等(以下「センター」という。)における医療提供体制を確保するため、新型コロナウイルス感染症に係る入院患者に対する治療等(患者受け入れに必要な業務を含む。)を行う医療従事者を派遣する医療機関等に対して、補助を行います。

補助対象となる事業者

 センターに医療従事者を派遣する医療機関等

対象従事者

 センターにおける新型コロナウイルス感染症に係る入院患者に対する治療等(患者受け入れに必要な業務を含む。)を行う医療従事者

補助対象期間

 令和2年12月1日(火曜日)から知事が判断した日(現時点では未定)

補助率・対象経費

補助率

 10/10

補助対象経費

 センターにおける新型コロナウイルス感染症に係る入院患者に対する治療等(患者受け入れに必要な業務を含む。)を行う医療従事者の派遣に伴う人件費相当額及び協力金

1 人件費相当(令和3年9月1日から適用される金額をお示ししています。)

(1)医師 

 1人あたり日勤1回につき、117,000円
 1人あたり夜勤又は当直1回につき、196,000円
 ただし、夜勤又は当直のみ大学の医学部を卒業後10年以上15年未満の人は15,000円、15年以上の人は30,000円を加算

(2)診療放射線技師

 1人あたり日勤1回につき、64,000円(7時間45分勤務)
 1人あたり夜勤又は当直1回につき、115,000円(14時間勤務)

(3)医師及び診療放射線技師以外

 1人あたり日勤1回につき、56,000円(7時間45分勤務)
 1人あたり日勤1回につき、84,000円(11時間30分勤務)
 1人あたり夜勤又は当直1回につき、108,000円(11時間45分勤務)
 1人あたり夜勤又は当直1回につき、124,000円(14時間勤務)

 ただし、日勤、夜勤及び当直の勤務時間は、別に定める
 ※人件費相当分は、医療従事者を派遣する医療機関等が当該医療従事者の人件費を負担する場合にのみ対象とする。

2 協力金

(1)医師

 1人あたり日勤又は夜勤又は当直1回につき、75,000円

(2)医師以外

 1人あたり日勤1回につき、22,000円(7時間45分勤務)
 1人あたり日勤1回につき、33,000円(11時間30分勤務)
 1人あたり夜勤又は当直1回につき、42,000円(11時間45分勤務)
 1人あたり夜勤又は当直1回につき、53,000円(14時間勤務)
 ただし、日勤、夜勤及び当直の勤務時間は、別に定める。

申請手続き

 補助金交付の流れについて

交付申請

 前月中旬まで ※申請単位は毎月
 事業開始(派遣開始)までに交付申請から交付決定まで完了する必要があります。

実績報告

 事業を完了した日の翌日から30日以内
 ※ただし、翌年度の4月10日を超えない日までとする。

提出書類一覧

 全ての提出書類において、押印不要です。

交付申請書類

 (1)交付申請書【様式第1号】 [Wordファイル/15KB]
 (2)所要額及び事業計画書【様式第1号 別表】[Excelファイル/39KB]
 (3)要件確認申立書【様式第1-2号】 [Wordファイル/25KB]
 (4)暴力団等審査情報【様式第1-3号】[Excelファイル/17KB]
 (5)補助金振込先申出書[Wordファイル/20KB]
 (6)通帳等の写し(金融機関名(支店名含む)、口座番号(又は通帳番号)、口座名義がわかるもの)

 ※(3)から(6)は初回の申請時のみ提出必須で、2回目以降は内容に変更がなければ提出不要です。

経費(事業)変更承認申請書類

 (1)経費(事業)変更承認申請書【様式第2号】 [Wordファイル/15KB]
 (2)所要額及び事業計画書(変更後)【様式第2号 別表】[Excelファイル/39KB]

事業中止(廃止)承認申請書類

 (1)事業中止(廃止)承認申請書【様式第3号】  [Wordファイル/15KB]
 (2)事業を中止(廃止)したことを示す書類の写し【任意様式】

実績報告書類

 (1)実績報告書【様式第4号】[Wordファイル/16KB]
 (2)精算額及び実績報告書【様式第4号 別表】[Excelファイル/33KB]

 (3)実績等の証拠となる書類の写し【任意様式】
 (4)(大阪府が別途提出を求めた場合)その他知事が必要と認める書類【任意様式】

 ※大阪府からの交付決定があった後、作成の上送付ください。

 ※提出された実績報告書の内容を確認し、交付額を確定次第、補助金を交付します。

書類の提出方法

 電子メール又は郵送にて提出願います。

留意事項

・提出書類が全て確認できれば、交付決定のための審査及び額の確定のための審査を行います。
・電子メールにて送付する場合、件名は『【○○病院:交付申請】大阪コロナ重症センター等補助金(○月分)について」又は『【○○病院:実績報告】大阪コロナ重症センター等補助金(○月分)について』としてください。
・郵送にて提出する場合は、簡易書留等で送付願います。(書類の追跡が可能なため)
・電子メールでの送付が困難な場合は、全ての書類を郵送いただいても構いません。

提出書類の宛先

郵送:〒540-8570 (府庁専用郵便番号(住所の記載は不要))
    大阪府健康医療部保健医療室 感染症対策支援課
    人的支援・重症センター運用グループ 宛
Eメール:coronajinteki@gbox.pref.osaka.lg.jp

その他

(1)交付決定前の実施事業は、原則として認められません。ただし、令和2年12月1日以降で交付決定までの間に既に実施しているものにあっては、補助金交付要領等に沿った事業と認められた場合、補助対象となります。
(2)直接来庁されて申請書類を提出する場合は、事前にご連絡をお願いします。(原則、電子メールによる提出。)
(3)提出いただいた書類はお返しいたしませんので、必要であれば控えを保管してください。
(4)申請書類等、資料の作成及び提出に要する経費は、すべて申請者の負担となります。(再提出などの場合も同様です。)
(5)必要に応じて、大阪府から追加資料の提出及び説明を求めることがあります。
(6)補助対象となる要件を満たしていても、必要書類がない等の理由により補助が認められない場合があります。
(7)補助事業者は、収入及び支出についての証拠書類を補助事業が完了した日の属する年度の終了後10年間保管しておかなければなりません。
(8)補助金交付決定後、不正等が発覚した時は、大阪府は、本補助金の交付決定を取り消します。また、虚偽の実績報告等、補助金交付後に不正が発覚した場合、補助事業者は、補助金を返還していただきます。
(9)大阪府は、申請書類に記載された情報を、大阪府暴力団排除条例第26条に基づき、大阪府警察本部に提供することがあります。

問合せ先

健康医療部保健医療室 感染症対策支援課 人的支援・重症センター運用グループ
電話番号:06-4397-3508(直通)

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室感染症対策支援課 人的支援・重症センター運用グループ

ここまで本文です。


ホーム > 健康・医療 > 医療・医療費 > 大阪府新型コロナウイルス対策本部 > 大阪コロナ重症センター等における医療従事者派遣事業補助金について