生活保護法等指定医療機関の申請等について

更新日:2022年11月16日

1 生活保護法及び中国残留邦人等支援法による指定医療機関とは

指定医療機関とは、生活保護法及び中国残留邦人等支援法による医療扶助を行うための医療を担当する機関をいいます。

生活保護法等、医療扶助の概要については、以下の「指定医療機関の手引き」でご確認ください。

指定医療機関の手引き [PDFファイル/945KB]

2 指定医療機関の指定・指定更新申請及び各種届出手続きについて

生活保護法及び中国残留邦人等支援法による医療機関の指定を受けようとする場合、又は既に指定を受けている医療機関が変更等届出が必要になった場合は必要な申請及び届出手続をしてください。

申請及び届出手続

申請及び届出を要する場合留意事項

提出書類及び添付書類

〇新たに生活保護法及び中国残留邦人等支援法による医療機関の指定を受けようとする場合

〇指定希望年月日を30日以上経過して指定申請を行なう場合は遅延理由書の提出が必要です。(様式は問わない)

指定・指定更新申請書 [Excelファイル/57KB]
誓約書 [Wordファイル/26KB]

【参考様式】遅延理由書 [Wordファイル/19KB]

〇指定医療機関が届出内容を変更した場合

〇下記届出事項に変更があった場合、事実生後10日以内に提出して下さい。
〇届出事項
 ・医療機関の名称・所在地
 ・開設者の名称・住所 (法人の場合は主たる事務所の名称・所在地)
 ・代表者
 ・管理者に係る事項

変更届書 [Wordファイル/39KB]

〇指定医療機関が事業を休止・廃止・再開する場合

〇事実発生から10日以内に提出して下さい。

休止・廃止・再開届書 [Wordファイル/33KB]

〇指定医療機関が処分を受けた場合

〇生活保護法施行規則第14条第3項に規定する処分を受けた場合、10日以内に提出して下さい。
(参考)
生活保護法施行規則第14条第3項

処分届書 [Wordファイル/26KB]

〇指定医療機関が生活保護法及び中国残留邦人等支援法による医療機関としての指定を辞退する場合

〇辞退届提出の30日以降でないと辞退することはできません。

指定辞退届書 [Wordファイル/26KB]

〇指定医療機関が平成26年7月1日以降に指定を受ける又は更新を行なって6年が経過した場合

〇指定更新案内は3ヶ月前に大阪府より郵送にて送付します。
〇指定更新の申請は直接大阪府へ送付して下さい。
※指定更新時に変更がある場合は変更届書と指定更新申請書を福祉事務所等へ提出して下さい。
〇指定希望年月日を30日以上経過して指定申請を行なう場合は遅延理由書の提出が必です。(様式は問わない)

指定・指定更新申請書 [Excelファイル/57KB]
誓約書 [Wordファイル/26KB]

【参考様式】遅延理由書 [Wordファイル/19KB]

※政令指定都市及び中核市については、提出先と書類の様式が異なります。

大阪市:大阪市福祉局生活福祉部保護課(外部サイト)のホームページを参照してください。
堺市:
堺市健康福祉局生活福祉部生活援護管理課(外部サイト)(外部サイト)のホームページを参照してください。
高槻市:高槻市健康福祉部福祉事務所生活福祉総務課(外部サイト)のホームページを参照してください。
東大阪市:東大阪市生活支援部生活福祉室生活福祉課(外部サイト)のホームページを参照してください。
豊中市:豊中市福祉部福祉事務所医療介護係(外部サイト)のホームページを参照してください。
枚方市:枚方市健康福祉部福祉事務所医療担当(外部サイト)のホームページを参照してください。
八尾市:八尾市健康福祉部生活福祉課(外部サイト)のホームページを参照してください。
寝屋川市:寝屋川市福祉部保護課(外部サイト)ホームページを参照してください。
吹田市:吹田市福祉部生活福祉室(外部サイト)のホームページを参照してください。

申請及び届出先

医療機関の所在地

指定及び届出先(宛名)

申請書及び届出書の提出先

政令指定都市及び中核市を除くの市
(島本町を含む。)

大阪府知事

医療機関の所在地の市の福祉事務所(生活保護担当)

提出先一覧

郡部(島本町を除く。)

医療機関の所在地の郡部の大阪府子ども家庭センター
(池田、岸和田、富田林)

3 指定医療機関の皆様へ

こちらには医療機関の皆様にご確認いただきたい内容を記載しております。

●後発医薬品使用の原則化(平成30年10月1日施行)

生活保護法(昭和25年法律第144号)の改正により、平成30年10月1日から、被保護者である患者の方について、医師又は歯科医師が医学的知見に基づいて後発医薬品を使用することができると認められた場合は、原則として、後発医薬品が給付されることになりました(生活保護法第34条第3項)。

詳しくはこちら(後発医薬品使用の原則化について)をご確認ください。

●生活保護法における患者への明細書無償交付の義務化(平成30年10月1日施行)

平成30年10月1日から、保険医療機関等における明細書の取扱いと同様に生活保護においても、正当な理由がない限り、患者からの求めがない場合でも「明細書」(※)を無償で交付することが義務化されたところです。
生活保護法指定医療機関・指定薬局の皆様におかれましては、本取扱いにより、明細書の発行にご協力いただくようお願いします。

詳しくはこちら(生活保護法における患者への明細書無償交付の義務化について)をご確認ください。

このページの作成所属
福祉部 地域福祉推進室社会援護課 生活保護審査・指導グループ

ここまで本文です。


ホーム > 健康・医療 > 医療機関・医療人材 > 生活保護法等指定医療機関の申請等について