「H2Osakaビジョン2022」を策定しました

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室産業創造課  新エネルギー産業グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9486
メールアドレス:shinenesangyo@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2022年5月27日

提供時間

14時0分

内容

 水素を日常生活や産業活動で利活用する「水素社会」は、温室効果ガス削減など多くの社会課題の解決に貢献できる可能性があります。大阪府では、水素利用の拡大を図るため、平成28年3月に、水素関連事業の取組みの方向性を示す「H2Osakaビジョン」を策定し、大阪市・堺市と共同で、同ビジョンの実現をめざす産学官プラットフォーム「H2Osakaビジョン推進会議」を運営しています。
 
 令和2年10月の政府による「2050年カーボンニュートラル宣言」以降、水素への期待は一層高まっています。さらに、2025年大阪・関西万博では、会場をカーボンニュートラル技術など先端技術と社会システムを実装・実証する「未来社会のショーケース」とすることが基本計画に盛り込まれました。

 このたび、社会的機運の高まりや万博を契機に、産学官が一体となって、水素利用の拡大に向けた取組みを推進するため、H2Osakaビジョン推進会議において「H2Osakaビジョン2022」を策定しましたので、お知らせします。


 
お問合せ
 大阪府 商工労働部 成長産業振興室 産業創造課
 電話番号:06-6210-9486
 メールアドレス:shinenesangyo@sbox.pref.osaka.lg.jp

関連ホームページ

H2Osakaビジョン

添付資料

H2Osakaビジョン2022 (Pdfファイル、825KB)

 

H2Osakaビジョン2022概要版 (Pdfファイル、1276KB)

 

H2Osakaビジョン推進会議設置要綱 (Wordファイル、24KB)

 

H2Osakaビジョン推進会議設置要綱 (Pdfファイル、464KB)

資料提供ID

44412

ここまで本文です。