WARMBIZ(ウォームビズ)

更新日:2018年10月25日

WARMBIZ(ウォームビズ)について

 環境省では2005年度から、冬の地球温暖化対策の一つとして、暖房時の室温20℃設定で心地良く過ごすことのできるライフスタイル「WARM BIZ」(ウォームビズ)を推進しており、豊かな環境づくり大阪府民会議としてもその趣旨に賛同し、取り組みを進めてきたところです。

 今年度も、CO2を始めとする温室効果ガス排出量の削減のため、過度な暖房を控えながらも快適に過ごす「ウォームビズ」を実践し、室温20℃を目処に適切な暖房器具の使用を呼び掛けます。

 また、環境省では、関係省庁をはじめ様々な企業・団体・自治体等と連携しながら、省エネ・低炭素型の「製品」「サービス」「行動」など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」を2015年度7月1日から開始しています。「WARM BIZ」(ウォームビズ)も、この「COOL CHOICE」(賢い選択)のひとつです。

 なお、昨年度に引き続き、「ウォームビズ」の中で、「WARM SHARE(ウォームシェア)」の呼び掛けも行なわれます。「ウォームシェア」とは、一人ひとりが暖房を使うのではなく、家族や御近所で一つの部屋に集まることや、暖房を止めて街に出かけたり、みんなで暖かいところに集まることで、エネルギーの節約につなげるというものです。


WARMBIZのホームページ(環境省)はこちら↓

warmbizlogo


実施期間

  平成30年11月1日(木曜日)から平成31年3月31日(日曜日)まで

府民会議の取組み

  豊かな環境づくり大阪府民会議では、WARMBIZに賛同しています。
  平成30年度も、次の府民会議構成団体及びその会員等がキャンペーンに参加しています。

     近畿百貨店協会(大阪府内6社18店舗) 
   >>会員百貨店(大阪府)一覧はこちら(外部サイトを別ウインドウで開きます)

このページの作成所属
環境農林水産部 脱炭素・エネルギー政策課 戦略企画グループ

ここまで本文です。