サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


目的 「府職員採用試験  試験(申込)」の検索結果

13件中 1〜10件目  1 2 次へ>>
回答:
育児のための休暇・休業制度として、子どもが満3歳になるまでの育児休業や、小学校就学前までの育児のための育児短時間勤務、部分休業(1日2時間以内)等を、男性・女性を問わず取得することができます。女性職員の取得はもとより、男性職員が気兼ねなく育児のための休暇・休業を取得できるような職場環境づくりに向けた …
回答:
採用された年に、警察学校において採用時研修を全寮制により行います。この研修において、警察職員として必要な見識や服務規律、組織の概要、法律などの知識や技能を学びます。また、配属された業務に応じた研修や各級昇任時の研修などがあります。 …
回答:
大阪府警察官の採用選考については、大阪府警察官採用センター(電話0120-370-314)にお問合せください。
回答:
受験資格を満たしていれば、出身都道府県、国籍、性別、年齢、職歴、学歴、新卒・既卒などによる有利・不利はありません。すべての人に平等に採用試験・採用選考を行います。 …
回答:
一部の科目を除き、大阪府職員採用案内ホームページに掲載しています。また、府政情報センターでも公開しています。閲覧は無料ですが、コピーを希望される場合は、その費用(片面複写1枚につき10円)が必要です。 …
回答:
最終合格後、本人が辞退する場合や必要な資格・免許を取得できなかった場合などを除き、採用されています。
回答:
競争試験職種の場合、警察行政以外の職種について、日本国籍の有無は問いませんので、受験できます。 なお、日本国籍を有しない職員は、公権力の行使又は公の意思形成への参画に携わる職以外の職に任用されます。 また、大阪府では、日本国籍を有しない職員が自然に本名で働ける職場環境づくりを進めています。 …
回答:
採用試験の実施の有無については、決定次第大阪府職員採用案内ホームページ等でお知らせします。また、試験の詳細(試験日程・試験科目等)はそれぞれの試験案内でご確認ください。試験案内は大阪府職員採用案内ホームページにて閲覧できるほか、PDFファイルをダウンロードしていただくこともできます。 …
回答:
社会福祉や保健師など一定の学歴や資格等が必要とされる様々な専門職種があります。 選考職種については大阪府職員採用案内ホームページ中の「職種ごとの業務内容」をご覧ください。 …
回答:
主に知事部局や教育庁等の本庁又は出先機関(府税事務所、土木事務所等)で一般行政事務に従事する「行政」、主に知事部局や教育庁等の本庁又は出先機関(土木事務所等)で一般技術業務に従事する「技術」、警察本部又は警察署等で警察事務に従事する「警察行政」といった職種があります。 基本的に、年齢などの受験資格を …
13件中 1〜10件目  1 2 次へ>>


お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内
ホーム > ピピっとネットトップ > お問合せ集(FAQ) > 目的 「府職員採用試験  試験(申込)」の検索結果

ここまで本文です。